スポンサーサイト

  • 2009.06.15 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


G20の行方は?

 
先週の含み損は、金曜日のキセキの98円台で、無事回収しました。当日は、たまたまパラグライダーに行くために、朝早く起きたところ、ちょうど98円に突き刺さっていました。そく回収で助かりました。

さてウィークエンドに行われた、G20ついて。

経済、為替的にも重要な局面での開催だったと思います。実際に、G20が終わってみて、各ニュースやエコノミストの評価を観てみるといまひとつはっきりしない。

まあ、明日のダウ、日経、為替を見れば答えはでます。楽しみです。

週末はトヨタに関する悪いニュースが多々出てましたので、日経が悪い方向に引きずられる可能性が高いと、個人的には思ってますが・・・

ミューチュアル破綻劇

JUGEMテーマ:経済全般


ついに銀行ミューチュアル破綻まで起きてしまった米。ファンダメンタルズがじわりじわり、また悪化してきました・・・ロングかショートか・・・

ミューチュアル破綻のニュースが流れてから、現在はドルの下落は限定的でテクニカル上での、本日、予想底値の105.60で下支えしている感じです。この後、ロンドン、NYと市場が移動するにつれて、ドルが下落するかが焦点になります。

下支えする要因としては、金融安定法案の行方も影響していると思われますが、現在は混迷中。

すでに、市場には巨額のドル資金が注入されていることと、空売り規制があるため、激しい値動きは避けられそうですが、深刻な米経済の閉塞感と、金融市場を混乱に招き入れた米金融の失墜に繋がると思われます。

このファンダメンタルズの再悪化から、金融安全法案は早急に可決動いてくる可能性があります。

その他の為替が動かない要因として考えられるのは、可決を急ぎたい側がしかけた、ミューチュアル破綻劇という政治的な材料で引き起こされた可能性もあるので、ショートには注意したいところ。


日本の経済復興の為に!

JUGEMテーマ:経済全般


麻生内閣発足と共に、日本の経済をしっかりと復興させてもらいたいものです。

日本の経済復興を少し考えてみました。
現在の日本経済は対アメリカを中心とした、貿易によって経済基盤が成り立っています。主だった貿易はやはり車。
ここにきて、アメリカおよび新興国の経済が滞るともろに打撃を受けます。

そこで、日本の経済が今後強化しなければいけないと思われるものは

1.金融ビジネスの強化
今回リーマン破綻から、日本は海外金融機関の日本持ち株比率を高めています。これは海外の金融機関に対して、日本が影響力を持つことになります。

金融立国のはじまりです!

2.環境浄化産業の強化
日本は、オイルショック、公害とエコ、環境浄化における高い技術を有しているため、世界に向けた環境技術産業の進出を強化します。

世界の環境は、日本が守ります!

3.自国の食産業の強化
自給率がとても低い日本は、多くの食材を輸入に頼り、自国の食安全もままらない状況です。農業、漁業も半分公務員化し、道路財源ような、食産業財源を確保し、国内での雇用を創出しつつ、生活基盤を安定化します。

国民の健康は自分たちの手で!

従来のビジネスはそのまま存続させれば良いと思いますが、今後力をいれなければいけないのが、上記3点と勝手に思っています(笑)

日銀がしかける円高?

JUGEMテーマ:経済全般


25日に日銀が短期金融市場へ300億ドル供給することになっていますが、当然、そのタイミングでは円は円安へ振れていくと思います。
この動きがそのまま起こるとすれば、日銀が300億ドルを手に入れる時、どうなっていることが望ましいか?

円高である。ファンダメンタルズ的にはそんなに悪い状況ではないのに、今の円高は謎が残ります。そこで、日銀が操作的に円高方面に持っていてるとするとして、実際に300億ドル投入後、円安に振れれば為替差益で莫大な利益を得ることになるのではないかと・・・


毎日、上がり続ける原油価格、ドル円の行方は?

JUGEMテーマ:経済全般


このところ、上値更新を続ける原油価格が、ついに144ドルを突破しました。国内では、レギュラー180円をオーバーし、光熱費から日常生活品がほぼ値上げをしています。
連れて、原油価格高騰、原材料高騰の影響を含み日経平均は10日連続安。

輸出が中心の日本の産業にとって、原価高騰で原材料の輸入に関しては、コストアップは避けられない。ここに円安になってくると、益々原材料コストはアップしてしまいます。

国内的には、円安歓迎ムードは従来通り続くのか?
やたら下げ渋るドル円は誰が買い支えているのか?

ダウ平均下落、原油価格高騰、米景気後退から考えると、ドルは安くならなければならないはずだが・・・

視点を変え、日本と米の関係より、世界と日本で見ると、日本の経済成長に期待感は薄れ、世界から国内への投資を切り上げるとする(日本の弱体化)と、円安は多いに理解できる。世界的な影響力を見ると、基軸通貨を中心に考えても円は、円安になると思われる。昨年の円キャリートレードの円安と一味も二味も違う性質の円安。

そう考えれば、いずれ円は国内景気の衰退と共に、円キャリーを考えなくても、円安は進むことから、円に買いが入るのは当然かもしれない。米指標に影響されず、買いは進むことも、説明がつくはず。

最近のテクニカル指標を見ても、ボリバンも移動平均の上、一目も雲上という強気な状況も、ファンダメンタルズと合わせて理解できます。


原油1バレル、143ドル

JUGEMテーマ:経済全般


資源高で食料、生活用品など原油高につれて値上がりが続いています。今ここでもっとも問題になるのが、サブプライムローン以降で、戻していきている円安。

サブプライムローンのおかげ?で円高になっていたので、輸入コストが抑えられていたものの、ここで円安に戻していくと、輸入コストがさらに増大します。

いまよりもさらに激しい物価高、インフレが到来してしまいます。


モノラインの予感・・・



金融不安が解消されつつあり、円安方向に向かっている中で・・・再び金融不安が再燃するか?

米金融保証会社(モノライン)のアムバックとMBIAがムーディーズ格下げから、日本株は株安に・・・
このまま夜NYタイムに突入すると、当然米株も下落へ。

ドル円は、107円中盤へ向かっている途中で、レンジをブレイクするか?溜まりに溜まった調整下落に入るか?強固に買い支えられるか?
大きな山場をむかえそうな予感。


原油1バレル150ドル予測。

JUGEMテーマ:経済全般


ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー共に夏までに原油1バレル150ドルと予測。

これは、ゴールドマンとモルガンが、1バレル150ドルまで買い上げるということでしょうか?
もしくは、市場を煽り高値をつけたところで、空売りし莫大な利益を上げるということでしょうか?

モルガンは確か前歴があったような(不確定)・・・あまり表ざたになっていませんが、サブプライムローンの金融商品が高値を付けていたとき、唯一空売りをして、莫大な利益を上げたらしい・・・不確かですが。

意図的にバブルを生み出し、崩壊時に利益を生み出す。新たな金融戦略ですかね?

自分でも大きな資本があれば、市場にそう仕掛けるでしょう(笑)


来週は8カ国財務相会合(G8)

JUGEMテーマ:経済全般


最近の円安や日経平均を見てると、サブプライムローンは結局金融不安で終わったか?ということを感じてしまいます。
金融商品で損失は大きかったかもしれませんが、経済への影響は少なかったように思えます。もちろん、返済能力が無くせっかくのマイホームを失った人たちは大きな痛手でしょうが。

今回のサブプライムローンの副産物と言えるのが、原油高。
こっちの方が、実質的に経済的なダメージを与えたと言えるのではないでしょうか?まったくの、金融商品に関わりの無い所で、影響を与えています。
原材料高、ガソリン代、バイオ燃料による食料問題などなど。
最終的には、原油バブルがはじけて、サブプライム問題が落ち着いてくると思います。

しかし、新たなな材料として、中国のバブルがはじけるか?という大きな問題が勃発しそうです。

来週は8カ国財務相会合(G8)があります、前回のG8はあまり影響はありませんでしたが、今回はインフレや食糧問題を引き起こしているので、かなりの影響力を持った発言が期待されるのではないでしょうか。

そうすると、100円台後半が見えてくるかもしれません。


国内サブプライム関連損失、1兆9000億円とは?

JUGEMテーマ:経済全般


国内のサブプライムローンの損失は、1兆9,000億円(08年3月)とのこと。
日常的な数字ではないので、日常的な数字に置き換えると三越が2006年に売り上げた額は、7,500億円です。
三越は国内で約10店舗近くあったと思いますが、そこで売り上げられた額の、2.4倍ものお金が消えたことになります。

こう聞くと、すごい額が消えたことになりますが、06年の国民所得は373兆2000億円あるので、比率で考えると0.5%にしかあたりません。

メディアの情報からだと、とてつもないような損失を受けたように感じますが、実際は対した額ではないとも捉えることができます。

GNPで見ても、500兆円程度あるので、そこから見ると損失は、0.3%まで下がります。

実質的には、国民全てがサブプライムローンの金融商品を買ったわけではないので、被害を受けた人は大きな被害を受けてはいますが、日本の経済を揺るがすような被害では無いということも考えておかなければなりません。

アドセンス
ブログ為替レート
ブログ為替レート
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links