スポンサーサイト

  • 2009.06.15 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ユーロ安に注意



今週は、ユーロ金融関連の決算発表がある。ここで、ドル円だけの関係とは別に、ユーロの動き注意しておかなければならない点があります。

米経済の動きとは別に、ユーロ金融決算が悪ければユーロ安が発生し、ドル高になる点から、ドル高になれば円安が発生する為、米経済指標とは裏腹に、ユーロ安につられて、ドル高になってしまう可能性があるということです。

当然この場合は、トレードプランが米経済指標悪化で、ドル安に向かうプランとは、逆向きになってしまうので、この場合は要注意です。
特に、今週はユーロ系の金融機関の決算発表が多いので、ポジション取得は、十分にひきつけてからということになります。

FOMC声明は26日未明



NYタイム、一瞬大幅にドルが下げたみたいですが、何かあったのでしょうか?その後すぐに戻していますが、107.45付近にチャートポイントが出現してるようで、ちょっと気になります。

昨日、今日は先週と同じようなレンジになりそうで、本格的な売買はFOMC声明の日本時26日未明以降となりそうです。

109円の壁は越えられていないので、いきなり大きく超えることも無さそうですが、下値は油断できませんね。
最近、長期間レンジが続いているので、ブレイクした時に大きく動きそうな予感もします。

ブラックロックの2009年より世界経済大幅減速発言も気になります。
確かに、経済が減速し不動産価格が、思いっきり下がり下値を付ければ、まさに買いチャンスが訪れます。
土地への投資、購入は、来年からという感じでしょうか?

逆に、今所有している不動産関連の投資物件は、資産価値の含み損が出る可能性がありますね。

今日のイベントは、リーマン決算発表



G8から週明けして、早朝一瞬窓明けのドル下落を見せたけど、速攻戻され、先週高値の108.30円超えになりました・・・

今夜は、リーマンの決算発表が控えているので、要注意です。
調整下落がまだ起きていないので、ポジションはかなり偏っていることが想定される為、下落のきっかけになるかもしれません。
決算が悪くなければ、逆もありえます。
要注意です。

トレードプランとしては、リーマンの決算を待ちたいところです。
先週後半から、手を出しにくい状況が続いています。

基本的には、押し目でロングしたいところですが、なかなか欲しいプライスでの押し目になりません・・・


謎な円安108円へ



ほぼ一瞬108円に到達・・・まったく謎な動きですね。

経済指標の結果は悪かったのに、日本時間で21時30分、米経済指標が発表されると同時に、108円へ。

不穏な動きですが、一時的なものだと思います。

数日やり過ごせば、適正値にもどってくるでしょう〜

もどらないとなると、チャートポイントの読み直しと、トレードプランの組み立てなおしをしなくては・・・汗


とりあえず、様子見ですね。

今日の夜には、米新規失業保険申請件数

JUGEMテーマ:経済全般


昨日、今日と107円30銭あたりで、やたら静かなドル円です。

不穏なものを感じます。

なぜ不穏か?

11日のニュース

・原油価格高値
・米株価大幅下落
・リーマン追加増資の可能性
・ゴールドマン評価損計上のうわさ

12日(日本タイム)のニュース

・日経平均大幅反落

これだけのニュースに対して、この2日は50銭程度の値幅しか動いていない。やたら静かですね・・・

今日の夜には、米新規失業保険申請件数があります。

何かありそうな予感?


バーナキン発言の影響力



バーナキン氏が発言するたびに、円安の上値試しの展開に、106.30から106.80円まで・・・
影響力は絶大ですね。50pips程度も動かしてしまいました。
現状では、107円に届いていませんが、20pipsと迫っています。

急激に円安に動いたので、戻しがどこで起きるか要注意です。

とりあえず、106円後半でショート取得しました。

今週の経済指標は、目だったものがあまりない。

日本タイム、105円前半であまり動かず・・・夜のNYタイムで105円50銭超えがあるか?気になるところ。

経済指標に関しては、今週は目だった経済指標がありません。

強いて言えば、米消費者物価指数くらいでしょうか?

指標とは別に、米リーマン・ブラザーズの50億ドル以上の増資に関して、9日か10日に発表されるようなので、そちらも注目です。金融不安が後退しているので、影響はあまり無いかもしれません。

米失業率の悪化でリセッションが明確化?

JUGEMテーマ:経済全般


アメリカのファンダメンタルは、金融不安が後退し、経済のリセッションが主になってきています。
最近のドル円相場は、ドル安を容認しないバーナキン氏の発言と日本株の買い戻しによって日経平均が14,000円を確実にすることで、円安へ動いてきていました。

しかし、6日の相場では、米雇用統計失業率が5.5%と22年ぶりの伸びとなったことで、リセッションへの懸念から米株売り(ダウ平均大幅下げ)に。
このことから、原油に資金が流れ、過去最高の1バレル=139.12ドルまで上昇。

結果ドル円は、104.95円で着地。

雇用統計は中日新聞にも大きく取り上げられていました。
107円を目指す勢いでしたが、来週からの流れが現状では読みにくくなりました。

連動しない経済指標



最近の為替は、経済指標を無視した動きをすることが多くなってきています。また、バーナキンの発言も無視。

と言っても、経済指標は動きはじめるきっかけになるので、無視することはできません。
今日の経済指標は米ISM非製造業景況指数があります。

スキャルを行う人にとっては、判断が難しくなりますね。

週末に米経済指標がかたまっています。



重要指標が、本日の21時30分にかたまっています。

米 4月個人消費支出
米 4月個人所得
米 4月個人消費支出

大きく、動く要因になりそうなので、注意です。

アドセンス
ブログ為替レート
ブログ為替レート
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links